生体力学を応用した科学的アプローチの整体スクール【メディカル整体アカデミー】
2021.08.30

施術よりも、“ある意味”大事なこと

こんにちは。

メディカル整体アカデミー(MSA)

代表の沖野です。

 

このブログでは、

整体師という仕事を、

より身近に感じてもらうために・・・。

 

「整体師って、どんな仕事なの?」

「整体師って、正直儲かるの?」

 

など皆さんが本当に知りたい、

整体業界の真実について、

いろいろとお伝えできればと考えています。

 

今回は、

施術よりも、“ある意味”大事なこと、

をお伝えしていきます!

———————————

 

この記事の目次

 

1.施術がうまいだけでは、感謝されない理由

2.感謝される秘訣・・・それは施術の前後にあります

3.ここを抑えると感謝されてリピートにつながる!

 

———————————

 

 

 

施術がうまいだけでは、感謝されない理由


「せっかくすごい施術をやってあげたのに、何か喜ばれないんですよね💦」

 

当スクールで、何回か講義を受けた生徒さんに、こんな方がいました。

かなり難易度の高い施術を身に付けたのに、喜ばれない。

 

非常に、残念ですよね。

そこで、少しお話を聞いてみると、意外な事実が分かりました。

 

整体師にとって、施術が一番大切。

 

こんなふうに考えている先生が多いのですが・・・。

実は、施術よりも、ある意味“大事なこと”があるのをご存じですか?

 

この点が抜け落ちているがために、患者様から喜ばれないのです。

 

経験年数の長い整体師でも、この点が抜け落ちていてリピートが取れない。

実は、こんな先生がたくさんいます。

   

感謝される秘訣・・・それは施術の前後にあります


それでは、施術よりもある意味“大事なこと”とはなんでしょうか。

 

それは、施術をする前行程に秘密があります。

施術をする前に、何を伝えるのか?

 

実は、ここで伝える内容次第で、施術の効果が大きく変わります。

極端な話、どんなに素晴らしい施術をしても、施術前に伝える内容が悪いと・・・。

逆に、患者様からは文句を言われるということすらあるのです汗

 

これって、とても恐ろしいですよね。

それでは、施術前に一体何を伝えたら良いのか?

 

「ああ、なるほど〜」

 

答えを聞いたら、多分こう頷くはずです。

リピートが取れる、人気の先生は自然とやっていることですからね。

 

大切になってくるのが以下の点です。

   

ここを抑えると感謝されてリピートにつながる!


施術の前行程、つまり、問診と触診で以下のような流れを踏むのが大切です。

問診

 

整体師の仕事として、まず知っておきたいのが問診するスキル。

 

施術をする前に、いろいろと質問されたことがありますよね。

体の状態を確認するステップになります。

 

問診するということは、診立てをすることになります。

 

診立てとは、患者様からの情報を吸い上げて、

なぜ今回の症状が発生に至ったのか?

を推理することを指します。

 

そのゴール、真実に辿り着けるための質問をしていく能力が求められます。

質問をしていく力のひとつとして、基準になるのが解剖学の知識。

 

 

触診

 

次に触診するスキルが必要です。

問診をして、お話を聞いただけで判断は出来ません。

 

それは、お医者様でも難しいことです。

 

では、どうやって判断をしていくのかというと、

自分の手の触った情報で判断していきます。

 

つまり、触診スキルが必要になります。

 

触診を行って、正常なのか異常なのかを推測していきます。

もちろん、正常を知らないと異常は分かりません。

 

解剖学などの知識や今までの経験を踏まえて、

問題を推測するスキルが求められます。

 

これらのステップの精度が低いと、患者様に施術の価値が伝わりきらず・・・。

感謝されたり、リピートにつながるということが少なくなってしまいます。

 

逆に、これらの点を抑えると、感謝されたり、リピートにつながる、可能性が高いです。

 

いかがでしょうか。

施術はもちろん大切ですが、治療で大事なのは、全体像を抑えること。

そして、全体像の中で、施術の価値を伝えることです。


 

「さらに詳しい内容を聞きたい!」

という方は、

公式LINEより見学会にお申し込みください。

公式LINEの友達登録はこちらから

 

弊社スタッフが、

あなたの将来像に合わせた、

ご提案をさせていただきます。

 

それでは、

また次回の記事も、

楽しみにしていてください。