生体力学を応用した科学的アプローチの整体スクール【メディカル整体アカデミー】
2021.08.06

学校に行く?就職する?迷ったら・・・

こんにちは。

メディカル整体アカデミー(MSA)

代表の沖野です。

 

このブログでは、

整体師という仕事を、

より身近に感じてもらうために・・・。

 

「整体師って、どんな仕事なの?」

「整体師って、正直儲かるの?」

 

など皆さんが本当に知りたい、

整体業界の真実について、

いろいろとお伝えできればと考えています。

 

今回は、

整体師になるのに、学校に行った方がいいのか?それとも就職した方がいいのか?

について解説していきます。

————————————–

 

この記事の目次

 

・整体学校を選んだ方がいい理由

・手技は基本がある

 

 

————————————–

 

整体スクールに通った方が良い理由


まず結論から話すと、整体スクールに通った方が好ましいです。

 

長期的な視点で、回り道をすることが少ないと言えるからです。

どういうことか?

その理由をお伝えしていきます。

■就職してから困ることが少ない

いきなり就職をすると、実際に勤務してみて困ることが出てきます。

----------------------------------

・解剖学がわからない…

・患者様の痛みの原因がわからない…

・どう対処していいのかわからない…

・患者様と何を話したらいいのかわからない…

・技術をどう向上していけばいいのかわからない…

----------------------------------

なぜ、こんなにも困ることが多いのか。

教育システムが整っている、整体院や整骨院は非常に少ないからです。

 

勤務先によっては、何も教えてもらえないところもあるくらいです。

こういった理由から、改めて整体学校に入り直す方もいるぐらいです。

 

また、研修中にセミナーや講座に参加して、いろいろと教えてもらえることもあります。

しかし、そこで、整体師としてのすべての基礎を学べるわけではありません。

 

そうなると、自力で勉強が必要になるケースがほとんどです。

 

何から初めていいのか。

また、わからない点があった場合でも、

自分で調べないといけないのでかなりの労力と時間がかかります。

 

その大変な期間が、2年も3年も続いて困っている整体師をたくさんみます。

 

こういったことが問題ない人は、

就職して徐々に知識と技術を身につけていかれるのもありだと思います。

 

■正しい勉強の仕方が理解できる 

もう一つおすすめできない理由がこちらです。


整体院に勤めながら勉強していくスタイルだと、


勉強の仕方を間違えて、マニアックなスキルしか身に付かない整体師がいます。


別にマニアックなスキルがダメだと言っているわけではありません。

しかし、基本中の基本である、原理原則を知らないと、あとで困るということです。

例えば、人間の体、つまり解剖学などをしっかりと理解せずに、

その他の技術やスキルを身につけようとしても、ほとんど使いこなせず、

悲惨なことになります。

 

車で例えると分かりやすいでしょうか。

 

車を修理しようと考えたら、

車の仕組みについて知らないといけません。

 

人間の体も一緒ですから、

まずは人間の体の仕組みについて知らないといけません。

 

■資格難民にならずに済む

変な言い方ですが、基本をおさえず苦労する人で、

「資格をたくさん取れた方が優れた整体師だ!」

と勘違いしている人がいます。

これも、うまくいかない典型的なパターンです。

 

基本をおさえていないので、

覚えたことの手技などの原理を理解しないで、

使い方だけを知って満足している整体師になってしまうのです。

整体業界で言われているだけでなく、

世の中的にも言われていることですが、

セミナーなどで知識や技術が実際に身に付く人は全体の1%にも満たないそうです。

 

これはどういうことかというと、

基本をおさえずにいい話を聞いたな、

明日からやってみようと思っても、やり方を知っているだけということです。

 

技の使い方を知っていても、

なんでその手技がこの患者様のこの症状には有効なのかを、

理解していないで提供してしまうという感じです。

 

たまたまうまくいく時はそれでよし。

改善されなかった時は仕方がない、といった形で終わってしまうからです。

 

そうなると患者様にも不誠実ですし、よくありません。

まずは基本の解剖学や手技の原理原則を知ることです。

 

 

手技は基本がある


 

整体師の行う手技は、基本手を使うことが多いです。

また、お医者様ではないので、お薬を処方したりすることもできません。

 

このことから、整体師のできることは、

手や肘、足を使って何かをすることになります。

 

人間の手を使ってできることは、

押す・引く・ひねる

大体これくらいです。

 

世の中にいろいろな手技がありますが、全てこれの複合的な何かをしています。

つまり、技術の基本はこの動きを理解して、自分の体の使い方を知ればいいのです。

 

この基本をおさえれば、新しい手技を覚える時でも大体応用ができます。

 

ここまでお伝えした内容を、体型的にお伝えしている整体院はなかなかありません。

そもそも知らない人が多いからです。

 

MSAでは、もちろん基本からしっかりと教えています。

 

つまり、体の使い方を覚えれば、就職した場所でも

すぐにその技術を身につけられることができるようになります。

 


 

「さらに詳しい内容を聞きたい!」

という方は、

公式LINEより見学会にお申し込みください。

公式LINEの友達登録はこちらから

 

弊社スタッフが、

あなたの将来像に合わせた、

ご提案をさせていただきます。

 

それでは、

また次回の記事も、

楽しみにしていてください。