生体力学を応用した科学的アプローチの整体スクール【メディカル整体アカデミー】
2021.12.20

あなたは空気を読めない人?空気を読まない人?

こんにちは。

メディカル整体アカデミー(MSA)

代表の沖野です。

 

このブログでは、整体師という仕事を、より身近に感じてもらうために・・・。

 

「整体師って、どんな仕事なの?」

「整体師って、正直儲かるの?」

 

など皆さんが本当に知りたい、整体業界の真実について・・・。

いろいろとお伝えできればと考えています。

 

今回は、以下の内容をお伝えしていきます。

   

———————————-

 

この記事の目次

 

1→空気を読まない人が、尊敬される理由

2→あなたは嫌われる勇気がありますか?

3→あえて嫌われる行動が、ファンを増やす

 

———————————-

 

 

空気を読まない人が、尊敬される理由


「あいつ、空気読めないよな」

 

あまり良い意味で使われない言葉ですが・・・。

実は、一流のビジネスパーソンの中には、あえて「空気を読まない人」も多いのです。

 

そして、「空気を読まない人」と言うのは、すべからず尊敬を集められる人です。

それは、整体師も例外ではありません。

 

「空気を読まない」人こそ、一流の整体師であり、ゴッドハンドと呼ばれます。

 

それでは、「空気を読めない人」と「空気を読まない人」

これらの違いとは、なんでしょうか。

     

あなたは嫌われる勇気がありますか?


まず確認したいのが、空気を読める人の定義。

 

いろいろ考え方がありますが、その場その場で最適な発言ができる人、

と言ったところでしょうか。

 

それでは、空気を読めない人はその逆ですね。

その場その場で最適な発言ができない人。

 

それでは、空気を読まない人は?

 

その場その場で、これが最適な発言だと分かってはいても・・・。

あえて、自分のこだわりを貫く人のこと、だと言えそうです。

 

もちろん、自分のこだわりを貫くと言うのは簡単ではありません。

時として、嫌われたり、アンチを生んだりするでしょう。

 

しかし、その姿勢が強烈なファンを生むことも確かです。

     

あえて嫌われる行動が、ファンを増やす


例えば、元アップルCEOのスティーブ・ジョブズを思い出してみてください。

強烈な思想や発言で、熱狂的なファンが多いことで知られていますが・・・。

 

自分のこだわりを貫き通す姿勢には、アンチも多い。

元アップルの社員や関係者からの話を聞くと、よりリアリティが湧きます。

 

しかし、ジョブズはこだわりを貫き通すことで、誰の記憶にも残る経営者となりました。

 

ここでお伝えしたかったことは、あなたに嫌われるような行動を取れ。

と言うことではありません。

 

人から嫌われることを恐れずに、自分のこだわりを主張する。

時として、こんな行動が取れるようになると、あなたのファンが増える、と言うこと。

 

まずは、そんなこだわりを言語化するところから始めてみてはどうでしょうか。

自分さえ気づけなかったような、意外な一面を知れるかもしれません。

     


 

メディカル整体アカデミーでは、座学と実技に分けて勉強していきます。

ただ押せるようになっても意味がありません。

 

なぜ肩こり、腰痛が引き起こされているのか?

なぜ改善がされていかないのか?

そのために、何をするのが正しいのか?

 

これらを分解して勉強していきます!

これらを理解することで本当の治療が見えてきます。

 


 

「さらに詳しい内容を聞きたい!」

という方は、公式LINEより見学・体験会にお申し込みください。

 公式LINEの友達登録はこちらから

 

弊社スタッフが、

あなたの将来像に合わせた、

ご提案をさせていただきます。

 

それでは、

また次回の記事も、

楽しみにしていてください。

 

 

そして、YouTubeにて講義動画などを公開しておりますので、

ぜひチェックしてみてください!

公式YouTubeチャンネルはこちらから

 

 

公式LINEにて特典プレゼント中!


 

公式LINEより「資料請求」をしていただいた方には、特別特典をご用意しております!!

こちらのQRコードまたは記載のURLから友達登録することができます。

公式LINE URL:https://lin.ee/4tMIKq3